후루가와스스무의퍼스컴비사

마지막으로 [b]

후루가와스스무의 퍼스컴 비사 僕が伝えたかったこと、古川享のパソコン秘史

온라인 서점으로 이동 ISBN:4844397001
퍼스널 컴퓨터의 태동기를 직접 그 현장속에서 겪었던 후루가와 스스무의 회고록.

그 시절을 직접 경험했었기에 굉장히 재밌게 볼 수 있었고, 아 그 이면에는 이런 일이 있었구나! 하고 알게 되는 즐거움이 있었다. 그 당시의 열기가 그리워지기도 한다. 뭔가 무한한 가능성을 상상할 수 있었던 시절.

宮 野 さ ん が B A S I C の デ バ ッ グ を し て い る 時 に 、 後 ろ に い た 痩 せ た ア メ リ カ 人 が ビ ル ・ ゲ イ ツ だ っ た こ と も あ る 。 ま た 、 8 1 年 か 8 2 年 だ っ た と 思 う が 、 西 さ ん が ス テ ィ ー ブ ・ ジ ョ ブ ズ を ア ス キ ー ラ ボ ラ ト リ ー ズ に 連 れ て き た 。 そ の 時 は 中 島 さ ん が 作 図 ソ フ ト の C A N D Y の 説 明 を し た の だ が 、 そ れ を 見 て ジ ョ ブ ス は に や っ と 笑 っ た が 、 そ の 後 発 表 さ れ た L i s a ( パ ソ コ ン で 初 の G U I 環 境 を 実 現 し た O S を 搭 載 し て い た ) に は 作 図 ソ フ ト の D r a w が 入 っ て い た 。 ベ ジ ェ 曲 線 ま で は や っ て い な か っ た が 、 仮 想 レ イ ヤ で ド ロ ー イ ン グ を す る と い う と こ ろ ま で し っ か り 真 似 さ れ て い た 。

미야노씨가 BASIC의 디버깅을 하고 있을 때 뒤에 있었던 마른 미국인이 빌 게이츠였던 적도 있었다. 또 81년인가 82년었던 것으로 생각되는데, 니시씨가 스티브 잡스를 아스키 라보터리즈로 데려왔다. 그때 나카니시씨는 작도 소프트 CANDY의 설명을 했었는데, 이를 본 스티브 잡스는 씨익 웃었다. 그 후 발표된 Lisa(PC에서 처음으로 GUI환경을 표현한 OS를 탑재했었다.)에는 작도 소프트인 Draw가 들어있었다. 베제곡선까진 없었지만 가상 레이어에서 드로잉을 한다는 점은 확실히 따라했었다.

(p. 33)

マ イ ク ロ ソ フ ト が ウ ィ ン ド ウ を 作 る と 決 断 し た 瞬 間 と い う の は 、 あ の デ モ を 見 た 時 で あ る 。 実 際 僕 は そ の 現 場 に い た の だ 。 実 は ビ ル は 、 V i s i O n そ の も の の 機 能 に は 実 は あ ま り 興 奮 し て な か っ た 。 俺 た ち だ っ て 作 れ る と い う 程 度 の 話 だ っ た が 、 デ モ を し て い る 女 性 が 煽 っ て し ま っ た の で 激 昂 し た の だ 。 マ イ ク ロ ソ フ ト は 彼 女 に 感 謝 し な け れ ば な ら な い の か も し れ な い 。

마이크로소프트가 윈도우를 만들겠다고 결단한 순간은 그 데모를 봤을 때였다. 실제로 나는 그 현장에 있었다. 사실 빌은 VisiOn 그 자체의 기능에 대해서는 전혀 흥분하지 않았다. 우리들도 그 정도는 만들 수 있다는 정도의 느낌이었으나 데모를 시연했던 여성이 도발해서 격노했던 것이다. 마이크로소프트는 그녀에게 감사해야 할지도 모른다.

(p. 148)

간만에 FM-7 에뮬레이터를 돌려야겠다. -- Nyxity 2017-2-1 2:58 pm



책분류 | 컴퓨터분류
트랙백 주고받기

마지막 편집일: 2017-2-2 1:06 pm (변경사항 [d])
373 hits | 변경내역 보기 [h] | 이 페이지를 수정 [e]